生命保険の更新では保険料の上がり方が半端ない!

保険料更新

 

生命保険更新のお知らせが届いて、
更新後の料金が高くてビックリした!
なんてことありませんか?

 

更新型の保険の場合、
10年ごとに保険料が上がるのというのは聞いたことがあると思います。

 

ただ契約の際の説明では「ふん、ふん」と聞いているだけで、
ほとんどスルーしていたのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

生命保険の更新は見直しのチャンス

保険更新はチャンス

 

こんなことなら、もっとまともに聞いておくべきだった、
なんて後悔することはありません。

 

私自身もつい先日、更新のハガキが届いて驚いたばかりですし、
10年なんてずいぶん先のことでしたので、
当時は「分かった、分かった」と聞き流していましたから。

 

更新の知らせが来て初めて「そういえば・・・」とか
「こんなに上がるの?」となるのはごく普通のことです。

 

実際私は、開けてビックリ!の約2倍の保険料アップでしたので、
すぐに見直しのリサーチを始めました。

 

あなたも保険の見直しで色々と探しているのではないでしょうか?

 

保険は入ったら入りっぱなしで見直す機会もないので、
実は更新はチャンスともいえます。

 

この機会にインターネットで資料請求したり、
インターネット上で契約できる安い保険に切り替える人は多いです。

 

今と同じか安くなる保険料へ切り替えられれば
家計の負担増にならないですからね。

 

しかし、保険料は安いほうがいいに決まっていますが、
安さだけで選んではいけないのはご存知でしょうか?

 

だいたい見る部分というのは、
死亡保障や入院費、掛け金(保険料)くらいです。

 

しかし、せっかく選んだ保険の保障内容や支払い条件を
きちんと理解できているかというと、まず「分からない」と答えるでしょう。

 

間違った認識で入ってしまうと、イザ支払われると
思っていた保険料が入ってこない、何てことにもなりかねません。

 

実際に私も最初は色々な保険会社から資料を取り寄せてみました。

 

しかし、はっきり言って良く分かりませんでしたし、
どれが自分にとって最適かなんて選ぶことができませんでした。

 

 

 

 

生命保険を選ぶポイントは何?

保険を選ぶポイント

 

保険を見直したい、けれど選ぶ基準が分からない、ということであれば、
保険の専門知識を持ったFP(ファイナンシャルプランナー)に聞くのが一番です。

 

ただし、保険会社の営業に聞くというやり方はおすすめしません。

 

というのも、その保険会社だけの情報しか教えてもらえないので
比較することができません。

 

では、どうすれば良いかというと、
複数の保険を取り扱っているFPに聞くのです。

 

とはいえ、お店に行くと勧誘されそうな気がしてなかなか行けない、
と不安に思っていませんか?

 

そういう人は意外と多いです。

 

複数の保険を取り扱っていれば、
年齢や家族構成に応じて色々な保険会社から
最適なプランを選べます。

 

さらに、終身保険はA社、養老保険はB社など、
複数の保険会社を組み合わせることも可能です。

 

資料だけなら、インターネット上で保険会社の資料を無料で請求できます。

 

複数の会社の資料を取り寄せれば、
自分で比較検討できそうなものですが、資料をみただけでは
どの会社のどのプランが最適かなんて判断できません。

 

ですから、保険の専門知識を持ったFPに
条件を踏まえて複数の保険会社を組み合わせたプランを
作ってもらうことが大切なのです。

 

 

 

生命保険の比較は無料で相談できる保険GATEがおすすめ

保険GATEがおすすめ

 

複数の保険会社のプランを比較するなら、
保険GATE(ほけんゲート)がおすすめです。

 

保険のプラン作成や見積りなど無料で提示してくれますし、
何より一番安心なのは「しつこく勧誘されることはない」です。

 

もし、そんなFPがいたら保険GATEに報告すればチェンジしてくれますし、、
あくまで契約する・しないの決定権はこちらにありますので安心して利用できます。

 

実際に私も今回の更新で利用したのですが、
まったく売り込まれることがなかったので正直ほっとしたものです。

 

とりあえず見積りをしてもらうだけでも利用できるので、
使わない手はないですよ。

 

無料相談について詳しくは保険GATEの公式サイトで確認してください。

 

保険GATEの無料相談