保険ゲート 店舗

保険ゲートは店舗型ではなく訪問型サービス

保険ゲートの店舗

 

保険ゲートで自宅近くの店舗で面談したいと思っても、
店舗は見つかりません。

 

何故かというと、保険ゲートが店舗型の保険サービスでなく、
保険代理店と利用者を結ぶサービスを提供しているサイトだからです。

 

お住まいの地域を入力して面談の申込みをすると、
相談内容や面談日時などから近隣の提携保険代理店を選択し
面談場所や日時を設定します。

 

ですので、自宅や近くのファミレスなど、
あなたの都合の良い場所まで来てくれるので便利です。

 

お店に来てもらってお話をするのではなく、
ユーザーの落ち着く場所でプランを紹介することができます。

 

ただ、店舗がないというと不安に感じる人もいます。

 

家に来るFP(ファイナンシャルプランナー)ってどんな人?
どこで働いているの?など、やっぱり気になりますよね。

 

そこで、保険ゲートの店舗がない理由と訪問型のメリットを紹介します。

 

 

 

保険ゲートが店舗を構えない理由

保険ゲートの店舗がない理由

 

店舗があるところであれば実態が目に見えるので安心感があります。

 

ただ、店舗がない事に不安になることはありません。

 

何故かというと、きちんと事務所を構えた正規の保険代理店から
担当FPがやってくるからです。

 

なぜ無店舗型にしているかというと、
保険ゲートでは全国の保険代理店と提携して
全国のユーザーに向けて面談の架け橋の役割を担っています。

 

ですので、全国に店舗を構えるとなると
時間もコストもかかってしまいます。

 

保険ゲートのサービスの目的は店舗を増やすことではなく、
家計の見直しをしたい人や保険料金の削減を考えている人に
最適なプランを提供することです。

 

実際に訪問するFPは、
提携した保険代理店から資格を持ったFPが行くので
決して店舗(事務所)がないわけではありません。

 

ですから、自宅やファミレスが嫌な場合は
担当FPの事務所での面談もOKなのです。

 

最近では、CMでもやっているほけんの窓口のように
店舗を構えるタイプも増えているので店舗があることが
当たり前にもなっています。

 

ほけんの窓口のように店舗型の保険代理店は
便利で入りやすい反面、使いづらさもあります。

 

 

 

保険ゲートに店舗がなくても便利といえる理由

保険ゲートは店舗がなくても便利

 

店舗型の保険代理店の場合、
時間のとれる土日は満席で待ち時間が
長くかかる事もあります。

 

予約を取っていく事も可能ですが、
限られた店舗数になりますので
そもそも土日は予約がかなりとり辛いです。

 

飛び込みでも行くことが出来ますが、
上記のように満席の事も多いです。

 

また、運よく席が空いていても
次の予約までの限られた時間となりますので
具体的な話を落ち着いてすることができません。

 

逆に保険ゲートの場合は、
該当地域に沢山の保険代理店と契約しています。

 

そのため、複数の担当FPから選べますので
土日でも比較的予約が取りやすいです。
(地域・時期によってはとり辛いときもあります)

 

私の住んでいる地域のほけんの窓口は
土日の予約は1ヶ月以上先まで埋まっていたので
保険ゲートの方がすぐに面談できて便利でした。

 

自宅で落ち着いて相談できるのもメリットと言えます。

 

もし近くに相談できるところが限られているなら
保険ゲートを使ってみるのもおすすめですよ。

 

詳しくは保険ゲートの詳細ページで確認してみてください。